日々のお菓子作り・手作りパン、猫ちゃんの里親探しの様子(里親さん募集)を更新していきます☆
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2014年10月04日 (土) | 編集 |
パインの口内炎…

なんか、調べていくうちに、結構厄介なものということが分かりました…。

まず…

パインの場合、病院で診察した結果、

⚫︎若いのにヒドイ⚫︎

年がいくと猫の8割は口内炎になる。
その症状には個体により差があるが、軽症の場合、抗生物質と抜歯で治ることもある。

が、パインはもはやそのレベルではない。


とのこと。



歯に歯石が溜まることから菌が増殖し、口内炎になり、歯茎が赤くなってくる


というのが一般的な口内炎みたいなのだけれど、パインの場合、もう歯茎の全体が赤く腫れて、リンパまでが腫れている。

まだ2歳半で、ここまでなる子は1%いるかどうかですよ…と言われ…。



病院の先生(結局、セカンドオピニオンも行った)も、驚き、…エイズでは?!と…。

もちろん、エイズ検査はマイナス。


彼女は小さい頃、3種混合ワクチンを打ってからというもの、ヘルペスウイルスに罹患したのだ。

ワクチンに勝てなかったんですねぇ…


元々、公園のトイレに棄てられてて、私がミルクから育てたのだけれども、お母さんのお乳の免疫を貰ってないようで。
それも原因なのだと思うけど…それにしても弱い。


とにかく、彼女は小さい頃にワクチンを打ってからというもの、ヘルペスウイルスに侵され、その症状である風邪が治らなくて、3ヶ月間、病院に通いつめ、私が薬漬けにしてしまったのである。


結果、3ヶ月通院したけど治らなくて、だけど、体力もついてきて大人になるにつれ菌が潜伏したまま治ったように見えるまま今まで過ごしていたのである



その免疫力の低さ。
これは一般的な獣医に言ったところで無理なもんである。

なので。。。私がしっかりしないと!!!

パインに長生きしてもらうために、色々と調べ、大好きな自然療法を試してみることにしました。


その続きはまた今度☆






コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。